軌跡が起きた、奇跡を感じた時。愛犬サンシンちゃんが交通事故

愛犬サンシンちゃんが車に跳ねられたグゥシャーという音がした


今日は、過去ブログを閲覧していました。今と同じようにブログをやっていましたが、動画はよく振り返って見たりはしていますが、ブログまでなかなか閲覧することはありませんでした。

何気に見ていると懐かしいサンシンちゃんの写真と動画。そして、私は今まで感じたことがない奇跡を感じた時のブログに目が釘付け。以下、もうすぐ5年前の出来事を綴ったサンシンちゃんが奇跡を起こしてくれた記事を愛犬物語の当ブログに綴っておこうと思います。あの時は、女の子だけど、サンシン君って呼んでいました。そして、5年前の動画も久しぶりに見ました。走りが速い。こんな走り、最近は見たことがありません。走るというよりいつも私の傍に猫みたいに座っている方が好きになったのは明らかに年齢のせいでしょうね?7歳からは老年に入るというので。ちょっぴり寂しくなりますね。

以下、過去ブログより参照




ハイサイ

奇跡デス
奇跡が起きました



4月17日にに三心(サンシン君)が我が家に来てから、我が子になってから半年になりました。

当初は、ヤンチャ、オテンバ娘なので、目が離せませんでした。

どこへ行くにもリードをしていました。

愛犬サンシンちゃん 愛犬物語


愛犬サンシンちゃん 愛犬物語

いつの頃か

サンシン君は、落ち着きはじめてきて、どこへ行くにも安心して見ていられるようになりました。

コンビにへ行くときも待つ訓練をしたら、すぐに入り口で待つようになりました。

私の言葉をひとつ、ひとつ覚えていきました。

そんな時、私の心に油断がありました。

愛犬サンシンちゃん 愛犬物語

愛犬サンシンちゃん 愛犬物語

昨日もいつものように、農道だったので、車も少ないし安全と思い

サンシン君に「ハイ、ピィーしてきて」(オシッコ)と言ったら、

車から降りて、すぐにオシッコ。

その時です。

車が・・



様子が変。

私が慌ててしまいました。「サンシン危ない」

ストップ(待て)と言えば良かったものを「危ない」って、

言ってしまいました。

するとサンシン君は私の所へ走ってきたのです。

車はキューブレーキ

サンシン君が車の下敷きに?

鈍い音が聞こえた。

もう駄目かと思った!

大声で叫んだ!

車はそのまま去ってしまいました。

去った後、サンシン君の姿が一瞬消えていた。

サンシンとまた大声で叫んだ。

サンシン君は勢いよく私の車に乗っていた。

怯えた顔をして、心配そうな顔をして。

サンシン君を抱き上げた。

見たところ怪我をしていない。

抱き上げたサンシン君をそっと下ろしてみた。

びっこもしていない。

抱きしめて、「だいじょうぶ?」って、言ったら

「ごめんなさい」って、言っているように聞こえた。

サンシン君に謝るのは私のほうだ。

御免ね、ごめんね。と、何度もサンシン君に謝った。

助手席に乗っていた家内は、サンシン君のこともさることながら、

私がどうななっちゃうのか?と、そっちの方を心配していたようです。


あの鈍い音はなんだったのだろうか?

車の運転手に大丈夫ですよって、伝えたかったのに


車は逃げてしまいました。

悪いのは私のほうなのに、嫌な、後味を悪くさせたような気がしました。

私が、あまりにも大声を出したので、運転手さんもビックリしたのでしょうね。

私が、52年間で「奇跡だ」と感じた一瞬でした。

地獄から天国を見たって、感じでした。

昨日の出来事で、ただの家族ではないことを再確認したような実にラッキーな一日でした。

愛犬サンシンちゃん


過去の投稿記事を振り返って、何だか、あの時の瞬間、瞬間を想い出して懐かしいやら、また、何か奇跡が起きそうな予感がしたりして。ブログに綴る。改めていいなぁって、思います。

いつもお墓参りに連れて行っているので、見守られたんでしょうね。運の強い、奇跡を起こした愛犬サンシンちゃんの物語を過去の内容と今日の想いを綴り直してみました。

愛犬サンシンちゃん


写真も良いけど、ブログも良いんだけど、やはり動いている、声も聞こえる、動画とブログと写真。10年前ならそんなブログは投稿出来なかったですよね。YouTubeは人生の物語にも大活躍しています。




おまけ
2年前の今日、1月15日はこんな写真を私は撮っていました。

愛犬物語 サンシンちゃん

愛犬物語 サンシンちゃん

愛犬物語 サンシンちゃん
スポンサーサイト

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する