犬が苦手、犬が大嫌いな妻が犬好きになりはじめた・・・頃

【シリーズ・愛犬サンシンちゃんとの想い出】 愛を温め直す上書き No8


わぁ、過去のブログを、しかも、自分で投稿したブログを閲覧して涙を流しながら読みました。

どうして泣いているの?
よくぞ、聞いてくれましたね?って、誰も聞いていないですよね?

とうとうというべきか、ついにその時が来たというべきか、大の犬嫌いな妻が大反対して1か月近く口を聞いてくれなかった記憶があるのですが、出かける時も愛犬サンシンと妻が一緒に車に乗って、(過去のブログから想像するともうサンシンちゃんの席が後部座席のさらに上の席ではないようだ)遠出したことがブログに綴られていた。その内容などブログに綴っていなかったと思っていたので、とても感動してしまいました。またまた、ブログって良いなぁ~って、思った瞬間でした。過去に投稿した内容を綴ります。

愛犬サンシンちゃん



2011年5月16日投稿分より

ハイサイ!私は犬が大嫌いです。



今朝の沖縄は、大雨。でも、いつものように爽やかに目が覚めて、サンシン君と朝のジャレアイをしていました。

昨日、今日の話です。

最近は、車で出かける時も、妻も、サンシン君も一緒に車に乗って出かけられるようになりました。
パチパチ♪☆彡♪



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4411693431596705"
data-ad-slot="2370925489"
data-ad-format="auto">





あれほど、サンシン君(犬)を飼うことを反対していた妻。

犬が苦手な妻が・・。犬と私をどっちが大事なのよ?っていっていた妻が。

昨日からサンシン君の手作りのエサを作るようになりました。

長時間ドライブをしていた時の事です。妻と私の会話。

妻とサンシン君の目があって、犬の気持ちを私に伝える妻の話に心の中では泣いていた。

妻:「サンシン君が水が飲みたい」って、云っているよと僕に言う。

僕:「凄いじゃん、いぬのきもちがわかるだ?」

車を止めて、水を与えると、それはそれは美味しそうに飲んだ。

しばらくすると・・。

妻:「お腹が減ったよ、って、云っているよ」

って、云う。

おやつをあげるといつもと違い、美味しそうに食べるサンシン君。

犬は嫌いでもサンシン君の気持ちがわかるようになった妻でした。(笑)



昨日は、私は疲れてしまい、早めに寝てしまった。

今朝、妻がその様子を私に語った。

あなたが寝ている時、サンシン君は寂しそうに、あなたの顔をずっといつまでも見つめていたと教えてくれた。

その話や今日の出来事で今までお互いに犬のことで毎日喧嘩してストレスを抱えていたことが一気に解放された喜びを感じました。
231490060228551_201601302317167af.jpg

231490076895216_2016013023171780d.jpg

私が50歳を機に感じていることは、苦手が好きになる。嫌いが好きになる。

そんな経験をしています。

無理にとは言いませんが、家内も犬が嫌いだった。

でも、好きになろうとしている努力はもの凄く感じている。

サンシン君の人間以上の豊かな表情に接したら、私がコロリと参ったように、

もうすぐ、妻とサンシン君も一緒に、夕方、朝の海辺の散歩に出かける。

ただ、ただ、それだけなのに、それがきっと、今までの中で「最高の心の贅沢」になると

そう思う。

良かったね!サンシン君

愛犬サンシンちゃん


関連動画

【シリーズ・愛犬サンシンちゃんとの想い出を振り返る】は下記のナンバーから始まっています。
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No1
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No2
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No3
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No4
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No5
【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No6

【シリーズ・サンシンちゃんとの想い出】 愛犬サンシンちゃんと出会った頃の記録 No7

スポンサーサイト

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する