スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

シリーズ ごめんね。そしてありがとう。愛犬サンバ No1

はいさい!今日の沖縄は久しぶり、ホント久しぶりに天気もよくて青空が広がっています。シリーズで綴ったサンシンちゃんとの出会いをお届けしていましたが、私をこんなに悲しませてサンバちゃんとの初顔合わせ、初感動はどんな感じだったのか?当時のことを再び、三たび想い出したくて、あの当時に綴ったこと、あの当時のサンバに会いたくて、割り込みで今は亡きサンバのことをシリーズで綴ろうと思います。その後は4ワンコのことも。また、時々、サンシンちゃんの続きも。

ごめんね。そして、ありがとう。愛犬サンバ


2012年4月11日のことだった。私の元へ会社に捨てられていたという生後2か月余りの子犬。ダックスのミックスでとても可愛い子犬を友達の知花さんが娘と二人で、「上江田さん、この子の里親になってくれませんか?」って、連れてきました。

今の記憶です。わぁ、なんて可愛い犬なんだろう?わぁ~、わぁ~って、感じでした。これまた運命的な出会いなのか?初対面なのに人懐っこい。サンシンちゃんとも初対面なのになんて図々し子犬だこと。まるで兄弟になる運命だと知っているかのように振る舞っていた。今、振り返ると、サンシンちゃんは他の犬とは仲良くなれない、というか、他の犬とは遊ばないのに(現在)サンバとは最初からすぐに仲良しになっていた。

私を今でも悲しませている、私を今でも笑わせている愛犬サンバとはこんな犬で、こんなに急に別れがやってきました。



2012年4月11日に愛犬サンバに出会って、翌日の4月12日に私ブログに下記のような想いなどを綴っていました。




愛犬サンバ

またまた感動が増えそうな予感、愛犬サンバとの出会い


胸が熱くなりました。胸がキューンとなりました。

初恋の時もこんな経験はなかったのに・・。(笑)

私は、犬が好きではなくて、サンシンちゃんが好きだとずっと思っていました。

この子犬を見て、犬が好きなんだと改めて自覚した瞬間でもありました。



昨日、友人の会社に子犬が捨てられていたそうです。

その友達は、いろいろと里親を探していたのですが、見つからず悩んでいました。

「あっ、そうだ」
「サンシンちゃんと仲良くなれるかも?」

と、思った友人が私の所へ連れてきました。

その友人も犬を飼っていて、2匹は面倒見切れないとのことで困っている様子。

私も、もう一匹ワンコちゃんが欲しかったのは確かです。それよりも、サンシンちゃんの家族を作ろうと(秋頃に)思っていました。

サンシンちゃんは、とにかくヤキモチ焼きです。人間の赤ちゃんに可愛いと云っただけで大変です。もちろん、抱っこもできません。ましてや他のワンコに可愛いとか、ナレナレや抱っこしたらもう大変なことになります。

が・・・。

しかし、どうしたのだろうか?

その子(生後推定2,3ヶ月)を抱っこしても、可愛いっていっても嫉妬をしないのです。

ビックリです。まっ、まさか。家族になることを感じたのかな?サンシンちゃん?

大きな第一関門クリアです。パチパチ♪

後は、みどりママには、まだ何も話しておりません。

サンシンちゃんの赤ちゃんが欲しい、他にもう一匹だけサンシンちゃんの友達が欲しいと常々話してあるので、大丈夫だとは思いますが、妻に報告する前に皆さんの応援を説得材料にしたいと思います。(笑)

名前は、すでに決めてありました。女の子です。

写真を見て、これはと思う名前がありましたら、教えてくれますか?

只今より、名前を皆さんから募集致します。私が決めた名前より、さらにイイと思ったら採用したいと思います。

犬ことが詳しい人が生後1か月くらいだというので、サンシンちゃんと同じ誕生日、三線の日(3月4日)にしたいと思います。

また1ワンコ、子供が増えた。お父さん、がんばろうと燃えているのは何故だろう?

サンバちゃんとサンシンちゃんの初対面の映像です

むふふふ。



過去を振り返る。人間の記憶って実にあいまいですね。あの当時の私はサンバをもう自分で育てる気満々で投稿していますね。
サンバと出会った動画も直ぐにアップしていたようです。

愛犬サンバと出会って、初多面の動画もちゃんと撮ってありました。そして、以下のような想いを私は動画に添えていました。

【愛犬物語 またまた天からの恵みの子サンバがやって来た】
皆さん、聞いてください。見て下さい。(笑)

呼夢三線広め隊犬 サンシンちゃんに妹ができました。三板(サンバ)ちゃんです。

友人の会社の前に、子犬が捨てられていたそうです。その友人は、会社も休んで里親を探したそうですが、もらいてがいなくて、私の所へ連れてきました。

確かに、私は、秋頃までにはもう一ワンコ、もしくはサンシンちゃんの家族を作ろうと思っていました。

心の準備が出来ていませんでした。

がっ、先ず第一関門である、サンシンちゃんと仲良くできるかどうか?

やきもち焼きのサンシンちゃんが他の犬と仲良くなれないと思っていました。

ところが、私が子犬をナレナレしても、抱っこしても、寂しそうにはするだけです。

きっと、この子犬は、家族になるのだと感じているようにも見えました。

ただ、一回だけ、子犬に威嚇したので、「サンシンダメでしょ」って、思いっきり叱りました。
叱った後に、涙もろい私は、「ごめんね、サンシン」って、泣いてしまいました。

今日ほど、愛犬サンシンちゃんがいじらしく、愛おしく感じたことはありません。

サンシンちゃん、サンバちゃん、二人仲良くしてくださいね。


次の投稿が楽しみですが、あの当時はfacebookにも投稿していたので、手抜きブログになっていないか?ちょっと気になります。

我が子のように愛犬と暮らしているみなさん
ぜひ、想い出をブログに綴ってくださいね。後から懐かしい記憶が次々と鮮やかに蘇ってきます。そして、動画もとっておくことをおススメします。

つづく

スポンサーサイト

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。