夢には臭いがある。香りがある。夢の香りがする。

愛犬物語。4月19日の出来事から本当は綴りたいのですが、4月19日からの出来事は追々綴ろうと思います。

人間は成りたい自分、叶えたい夢を見て、その夢を念じて実現することができる。


犬も未来の夢を見ているのだろうか?人間は自分の一生をイメージすることも創造することもできる能力というプログラムされて生まれている。

犬の場合はどうなんだろう?

犬がこの世の中で一番好きな人は親でもなければ子でもない。飼い主が一番好き


あくまでも私の経験ですが、犬は自分の親よりも兄弟よりも飼い主が一番好き。きっと、そう思っているに違いない。自分の親よりも兄弟よりも飼い主が一番好きだと思うようになるのは乳離れをする3カ月前後からそんなふうに私は感じた。

犬は自分が産んだ我が子よりも飼い主が一番好き。そんなふうに思うようになるのは子育てがある程度落ち着いた生後2か月を過ぎた辺りからそう感じる。

そう思うのは私だけでしょうか?

3年前の今日、私はこんな写真を撮っていた。撮った記憶はなかったけど、サンシンちゃんが夢の香りを感じているような写真だ。

愛犬物語の写真 愛犬サンシン、サンバ

4年前、私の夢が変りました。私の夢の中にはいつもこの子達がいました。これからも私の夢の中にはいつもワンちゃん達が含まれています。一緒に居ます。

愛犬物語の写真 サンシン、サンバ

愛犬物語 愛犬サンシンちゃん

私が愛犬サンシンちゃんを引き取ったのは、サンシンちゃんが一歳の時。このサンシンンちゃんを赤ちゃんから育てみたかったなぁって、何度思ったことか?

いつか、サンシンちゃんの赤ちゃんが欲しいなぁ~って、何度思ったことか?

愛犬物語 愛犬サンシン、サンゴ

その前に、サンシンちゃんよりも先に、愛犬サンバに赤ちゃんが産まれた。この時もとても幸福感に満ちていた。一ワンコの夢来君は生後3カ月を迎えると同時に里子に出した。今はとても幸せに暮らしているから、もう会うのは止めようと思ったけど、また会いたいと思う。

愛犬物語の写真 サンバ

嘘のような本当の話です。愛犬サンシンちゃんにも赤ちゃんが出来るチャンスはいくらでもあった。でも、選り好みが激しくて、ヒートしていても気に入らない雄犬が近づくといつも追い返していた。だから、犬の不妊症?なのかと思ったりもした。

5年間も赤ちゃんが出来なかったので、もう出来ないものだと思い込んでいた。嘘のような本当の話です。サンシンちゃんは女の子なのに、雄犬のように片足を上げておしっこをします。それも何か原因があるのかな?って、思ったりもしていました。


愛犬サンシンちゃん

君たち、もう少しの辛抱だよ。もう少しがんばってよ。待っていてよ。お父さんがんばるからね。何処へ行くにも一緒に移動も仕事も遊びも一緒に出来るように頑張るからね。って、その体制に入ろうとした時に、これから忙しくしようと思った矢先の出来事でした。

_8922420288891214536_n_20160614024520364.jpg

サンシンちゃんとそっくりな赤ちゃんが2匹生まれました。仕草も賢さも人懐っこいところも、何事にも興味深々な性格もすべてサンシンちゃんに似ている。どんどん顔も性格もサンシンちゃんに似てくる。

愛犬サンシンちゃんの赤ちゃん

4月19日 18:30頃だったかな?(ビデオは撮ってあるけど)5匹のママになりました。今回初公開です。もったいぶっているのではありません。サンシンちゃん似の2ワンコから先に紹介します。サンシンの赤ちゃんだから特別に可愛いという可愛さに加えて、お父さんがサム君だということもより私の想いが強い子供たちです。

手放したくないけど手放さないといけないと心に決めています。上記に綴ったようにもうすぐ親よりも兄弟よりも一番好きになる人が飼い主だと思うようになるからです。熨斗を付けてこの子達を里子に出そうと思います。この子達と同じように他の子も個性がある表情、賢さで可愛いですよ。

愛犬サンシンちゃんの赤ちゃん

愛犬サンシンちゃんの赤ちゃん

愛犬サンシンちゃんの赤ちゃん

偶然に今日撮った写真が犬は夢の香りがわかる。そんなふうに思った。私は子供の頃、牧場でアルバイトをしていた。その時に友達からいつも言われた。お風呂に入っても学校へ行くと、「武信は牛の臭いがするよ」って、よく言われた。

そのことを母親に云うと、「どれどれ、うーん、それは牛の臭いではないよ。お金の臭いってこんな臭いなんだよ」って、言った母。子供ながらに妙に納得した一言だった。

そして、今は、お風呂に入っても、犬の臭いがするって言われることがある。

そんな時に私は言う。

その香りはね、夢の香りなんだよ


って、俺は云った。

間違いなく言えること。
この先、きっと私に大きな転機というチャンスが訪れることでしょう。今までなら頑張れなかったことも頑張れるでしょう。

昔、苦しくなったら辛い方へ歩めって、言われたことがる。


今は・・・・。
苦しくなったら夢の香りのする方へ歩んでいこうと思う。


本当の意味で私と愛犬達の物語は、今、始まったばかりだと思う。

もう打ち止めにします。


つづく・・。
スポンサーサイト

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する