煩悩の犬は追えども去らず。煩悩の犬は打てども去らず

ハイサイ!愛犬物語の動画、ブログへようこそ(^^♪。

煩悩の犬は追えども去らず。煩悩の犬は打てども去らず


1年前も、2年前も、3年前も、4年前も、5年前のブログまでもが。過去の9月17日の投稿は犬のネタばかり投稿していましたね。先ず、七つ子ちゃんたちのことは、私の心の中では、あまりかまってあげる時間が足りなかった。1ワンコ、1ワンコ、接する時間が足りなかった。ずっと、そう思っていました。愛犬サンシン、サンバ、サンゴ、サムくんたちのようにずっと一緒に行動出来なかったからです。車てあげていなかったからです。

でも、過去の投稿を見ると毎日のように、毎日にチビワンちゃんたちを寝かせている。遊んでいる写真や動画をたくさん撮影して投稿している。

今日は満月ですね。まん丸満月さんが「大変だったね?無事に乗り越えたね?」って、お月様と愛犬サンバに言われたような気がします。

沖縄犬夢 オキナワンドリーム

沖縄犬夢 オキナワンドリーム

1年前の今日、また、愛犬サンバのことをfacebookに投稿していた私。亡くなって一年が過ぎても悲しみは癒えない。(今でも)この2年余り、ほんと、犬たちに泣かされっぱなしです。すっかり泣き虫になりました。もし、愛犬サンバが今、元気だったら、きっと、ブログなどやっていなかったと思う。やってはいても愛犬物語、最近は、沖縄犬夢(オキナワンドリーム)として、毎日のようにブログに思い出を刻み込むことはしなかったと思う。


まさか、犬たちにこんなに自分の本性も本能も、成し遂げたい夢までもが犬たちに引き出されるとは夢にも思わなかったことです。1年前の気持ちを綴っておきます。1年間、ほぼ毎日のように犬のことばかり考えている私の脳と心の状態です。

【犬好きな人に見て欲し、読んで欲しい投稿です】
私は、犬の写真をたくさん撮りました。今でも毎日のように撮っています。
愛犬サンバが死んでからは余り撮らなくなった時期もありました。
今朝、探し物が見つかりました。ずっと、探している写真が見つかりました。はじめてサンバと出会った時に写した写真。
はじめてサンバと会った時の想いも一緒に他のブログに綴ってありました。
改めて、ブログの良さを今、感じています。
改めて、想い出は財産、想い出は宝玉。
想い出という宝玉を磨き直していると、明日への活力源になっている。今、そんな心境をブログに綴りました。
何で、俺、こんなにサンバが大好きなんだろう?
朝から絶好調な気持ちと寂しい想いをさせてくれるサンバちゃんの写真、可愛いでしょう?

2年前の今日の出来事 生後44日目ということで、4+4=幸せ
と感じて下記のような投稿をしていました。

【愛犬と私の物語】
生後44日目になりました。
4+4=しあわせな日
って、ことで、プールをプレゼントしました。
がっ、チビワン達には不評でした。(笑)
話は変わりますが、私は毎日、この子たちに催眠術をかける練習をしています。今のところ、3分以内には7ワンコ全員、寝かせつけることが出来るようになり、少々自信をつけていたのですが、今日に限って、2ワンコに私の催眠術が効かない。(笑)
でも、だいぶコツを掴んだぞっ。
催眠術にかかるとこんな感じになります。(笑)
あっという間なので、瞬きしないでくださいね。(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=e_tBn3v1k90
目標は、サンシン、サンバより賢い沖縄犬に育て欲しい。

愛犬物語 七つ子

愛犬物語 七つ子

10647006_841999149177636_8158920857327791919_n.jpg

愛犬物語 七つ子

愛犬サンシンちゃんの子供たちはとくに可愛い、可愛って、心の中で言い聞かせているけど、本当はどの子も可愛い。私に一番懐かなかった子ほどかわいいと今は思う。

私にとって、犬の価値、私が犬を飼った意味づけを今頃気が付いたような気がします。私の大切な価値は犬達です。失って(亡くして)はじめて知った私の大切な価値。手放して(里子)はじめて感じた私の宝物という価値。

今、私は、犬達の恩人に沢山で出会っています。兄弟でも、親戚でもない。(私の兄弟は全員犬を飼っている。親戚も犬を飼っている人が多い)犬繋がりで友達になった人たちに私は、今回も前回も助けられた。もし、一時保育で預かってくれる人たちがいなかったら、もう数匹、里子に断腸の想いで手放さないといけない状況でした。

昨日から、全員、全員、一緒にまた、暮らし始めました。まだまだ溜まっている仕事が忙しいので、ワンちゃんたちの写真や動画を撮る時間はないけど。2日間、散歩にも連れていけなかったけど。もうすぐ、また、昔以上に、この子達は私の大切な宝もって、投稿しようと思います。

もう一度言います。
犬のことで、こんなに涙を流した感動も寂しさを忘れないで、生きて行こうと思います。


故事ことわざ辞典より参照

煩悩の犬は追えども去らず
【読み】 ぼんのうのいぬはおえどもさらず
【意味】 煩悩の犬は追えども去らずとは、いくら追い払っても、人の煩悩はつきまとって離れないものであるたとえ。
【煩悩の犬は追えども去らずの解説】
【注釈】 煩悩は、ちょうど犬と同じように、人間にうるさくまとわりつく。
犬は追えば逃げるが、煩悩という名の犬は、払っても払っても離れないものであるということ。
「煩悩」とは、仏教の教義の一つで、人の心身を悩ませ苦しめる精神の働きのこと。
「煩悩の犬は打てども去らず」「煩悩の犬」とも。


生後44日目の七つ子ちゃんたち

スポンサーサイト

グーグル・カスタム検索エンジン愛犬カスタムエンジンを作っていました。愛犬サンシン、サンバのことや犬のことなど何でも検索してくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する